あおらぐ

日々の出来事やRO、お犬様、ヘタリアの事などをつらつらと書いています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moira追加コンサート

2009-01-08-Thu-23:58
今日はSound Horizon追加コンサート
"Moira ~其れでも、お征きなさい仔等よ~"に行ってきた♪

Moira

今回の席はアリーナ(1階席)9列目で
舞台向かってほんのり右の方の席だった。
去年9月13日の時みたいに前の席の人の背が高くて
舞台が全然見えなかったらどうしようって不安だったけど
今回は背の高い人がいなかったから大丈夫だった。
念のため9cmヒールのパンプスを履いていったけど
その必要は今回はあまり無かったかな。

平日の公演のせいか、開演前は空席が結構目立ってた。
開演時間ギリギリになってようやく満席になった感じ。
それでも開演してから来る人もいたりして
冥王が「早く座りなさい」みたいな事を言ってた。

さて、コンサート自体はというと。
最初の曲『冥王』の時はハラハラ不安しっぱなしだった。
どういう意味なのかは皆さんのご想像にお任せって事で…。

次の曲『人生は入れ子人形』では、
エイレーヌ役の井上あずみさんが可愛すぎた!
ファンからも「かわいい~」って歓声があがってたし。
岩崎良美さんのエイレーヌは大人っぽい感じで良かったけど
井上あずみさんのエイレーヌもこれはこれで良かったな。

『神話』『運命の双子』『奴隷市場』は、まぁ前回と特に変わりなく。
ところで双子の赤子の時のイラスト、あれすごい不気味じゃない?
なんだか水子の幽霊みたいでさ。そう思ってるのって私だけ?

『雷神域の英雄』は相変わらず宇都宮隆さんがカッコ良すぎ!
そういえば前回は槍がマントによく引っかかってたけど
今回は全然引っかかってなかった。槍、慣れたかw

『死と嘆きと風の都』は、まぁ前回と特に(ry

『聖なる詩人の島』は、井上あずみさんが
エイレーヌの時とは違ってぐっと大人っぽい雰囲気になってた。

『遥か地平線の彼方へ』も、まぁ前回と(ry

『死せる者達の物語』では、ミーシャとエレフの衣装が
前回のコンサートの時と比べてちょこっと変わってた!
…と思ってたんだけど、今回のコンサートで販売された
メモリアルパンフレットを見て分かったんだけど、
主要キャラクター達(双子やレオンティウス)の衣装は
デザインがちょこっと違うものを何着か用意してるっぽいね。
でも、何着か用意するってのは充分理解できるけど
なんでデザインが変わっちゃうかなぁ?統一しようよ!

『星女神の巫女』は、栗林みな実さんの歌声がとにかく良い!
途中、背景が星空になる場面がいくつかあるけど
その時ってホール全体も星空っぽくなるのね。
今回になって初めて気がついて、ちょっと感動した。
気付いてる人は少なそうだけどね~。

『死せる乙女その手には水月』は、前回のコンサートと比べると
エレフの悲しみ度がぐ~~~んとアップされてた。
長い事、「…っ、うあぁ…っ」って嗚咽漏らしてたもんね。
ミーシャとのデュエットでも半泣きしてるかのような歌い方だったし。
あとアドリブで最後に何かボソッと言ってたね。
「さよなら、ミーシャ」だったっけ?よく覚えてないや。

『奴隷達の英雄』は、エレフが結構高い位置から
飛び降りたのに思わずヒヤッとしちゃったよ。
というのも、2年前のコンサートで張り切ってジャンプした際に
着地に失敗して足くじいてたからね。
これでまた足くじいちゃったらもう笑えないよ!多分。

『死せる英雄達の戦い』は、観客席を半分に分けて
舞台向かって左はアルカディア軍(王子側)で
右はアメティストス軍(エレフ側)という設定にしたのに、
その設定を無視してる人が多かった…。

『神話の終焉』で、Moiraの玉座に座っていたのは
衣装から察するにミーシャかエレフのどちらかだった。
でもあの偉そうな座り方からするとエレフっぽいかな。
あぁ、あとじまんぐがポロリした。

『神の光』は、まぁ(ry

その後、アンコールに向けてファン皆で
「ララララ…」と歌ったんだけど、あれはひどかったw
見事なまでに皆バラバラで、もはや輪唱になってたもん。
『死せる~』の時といい、フリーダムな人多すぎ。
自分の世界に浸るのもいいけど、もう少し周りを見ろと…。

で、アンコールでは恒例のメンバー紹介の他に3曲をやった。

女神6姉妹と大人ミーシャによる『エルの楽園side:E』。
「ねぇミーシャ」ってのが歌いにくそうだったw

女神6姉妹とソフィー先生と子供ミーシャによる『星屑の革紐』。
ちなみにプルー役のダンサーはいません!w
子供ミーシャは歌わずに、プルーがいるかのように演技。
プルーに引っ張られる感じとか、すごく上手かったよ。
あの子は良いパントマイム師になれるね!…あれ?

女神2人とじまんぐとアイクによる『ハジマリのChronicle』。
パートは少なかったけど、アイクの歌声を初めて聴けて満足!
ちゃんと日本語で、カンペっぽいの見ながら一生懸命歌ってた。

アンコールもDVD化する時に収録してくれたらなぁ。
絶対無いだろうけどさっ。

今回のコンサートでは、女神6姉妹の歌声が
聞き取りづらいって事が多々あって、それが残念だった。
でもま、DVD化される際にはその辺は修正されるだろうから
発売を楽しみに待とう(*´ω`*)

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。