あおらぐ

日々の出来事やRO、お犬様、ヘタリアの事などをつらつらと書いています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブチキレまくりな料理教室

2006-07-14-Fri-23:59
事情により前回行けなかった料理教室の授業を
今日の午前中に振り替えてもらい、今日行ってきた。
平日の午前って事もあってか、人がめっちゃ少ない
いつもの授業(平日の夜)の3分の1くらいだったかな。

で、今日の料理は

・米茄子のバルサミコソースかけ
・完熟トマトと牛肉の煮込み(バターライス添え)
・グレープフルーツゼリー

今回も苦手な茄子が出たけど、残す事なく美味しく食べられた
どうやら油を使って調理すれば茄子は普通に食べられるっぽい??
あとの煮込みもゼリーもすごく美味しくできて大満足

・・・だったんだけど。
ここから愚痴の始まり始まり~
(相当ボロクソに言ってるので、読む際は覚悟をば)
 
今回の授業では2人ペアを組んでやったんだけど
このペアの人がもう最悪だった

うちの教室では先生の講義の後に
皆それぞれ実習に入るっていうやり方なんだけど
この人、先生の講義中うるさいうるさい
体型がとてもボヨ~ンなせいもあってか相当な暑がりのようで
「はぁ~」「ふぅ~」とわざわざ声に出してため息をついては
「あ~暑い暑い」とブツブツ言いながらうちわで仰ぎまくり。
あのね、暑がるのは良いんだけど少し静かにしてください。

そしていざ実習になると彼女の最強(最凶?)っぷりが炸裂
いざ調理に取り掛かろうとすると、「火、怖~い」。
・・・は?何言ってんの?
ってか教室のコンロ、オール電化だから火なんか出ないっての。
なんて心の奥でツッコミつつ、それなら野菜を切るようにと頼んだ。
調理していて、ふと彼女を見てみると、何故か野菜とにらめっこ。
「包丁って危なくて怖いよねぇ~」と、全然切ってくれない。
アンタ、そんな事言ってたら料理なんてできないでしょ・・・。
どうしてくれようかと思っていたら
タイミング良く先生が来て彼女に野菜の切り方を教え
何とか彼女に野菜を切ってもらう事に成功。
先生、GJ!!!!
みじん切りのはずがブツ切りみたいにデカく切られてるけど
まぁ、切れただけ良しとするか
野菜を切って満足しきったのか、彼女は「ふぅ~」とため息をついて
一人で勝手に休憩モードに入っちゃってる。
ちょ、こっちは料理してんだよ!アンタなに休んでんの!?
茄子とトマトとピクルスを切っただけで
「私、やり遂げた^^」的なツラしてんじゃないよ!
あぁ、もう良いよ!もう料理すんな!ずっとそこで休んでろ!
私が全部やってやるよコンチキショー!!!!
ってなわけで、もう彼女の事は諦めて自分1人で作ろうと決心。
・・・したものの、先生はそんな事を許してくれるはずもなく。
一休みしてる彼女を見た先生がこっちに来て
彼女にバルサミコソースを温めるよう指示。
「え?え?どうやるの先生?言ってくれなきゃ分かんないよ~ん」。
アンタ・・・配られたプリントに作り方書いてあるんだから
それ見りゃ良いじゃんよ。それとも字も読めないの?
と、心の中だけでツッコめば良いものを私は思わず
「プリントにやり方書いてあるじゃないですか」と冷たく言い放っちゃった。
うん。もうね、私、我慢できなかったみたい
何とかコンロに火をつけ、ソースを温め始める彼女。
ソースがふつふつと沸騰しかかると「や~ん、怖~い」。
そして次第にバルサミコソース独特のツンとした匂いが鼻をつくように。
彼女はその匂いを思いっきり嗅いだらしく
「いぇっくし!」と、わざとくさいクシャミを連発しまくり。
他のグループではそんなクシャミしてる人なんていないのに
一人で「いぇっくし!いぇっくし!」を連発。
頼むから、ソースにアンタのツバを飛ばさないでくれ。
先生に「味見してみてくださいね」と言われ
スプーンでグビリとソースを飲み干す彼女。
バルサミコソースを一気飲みしたらむせるってば。
ほら、やっぱりむせてるし。もう何なのこの人・・・。
ソースを温め終え、米茄子にソースをかけようって時に
「フライパン重~い」と、またも珍発言をかます彼女。
はぁ?フライパンの底にちょろっとしかソース無いのに重い??
アンタ、人並み以上に分厚い肉襦袢纏ってるくせに何言ってんの。
もう呆れて「じゃあ私やりますよ」と、フライパンを奪い取った。
って、持ってみたら軽いし!どこが重いんだ!?
「わぁ、お姉さん力持ちだねぇ」。
・・・・・・ウゼェ。マジウゼェ
その後も私は調理を続けてるのに彼女はバカ発言のオンパレード。
相手したくなかったから片っ端からスルーしてたよ。

で、そんなこんなで何とか料理は完成。
作ったのはほとんど私だけど
いつもなら同じグループの人と雑談しながら食べるんだけど
私はもうブチ切れてて彼女と話なんかしたくなかったからずっと無言。
ってまぁ、彼女も料理を抱え込むようにして
星のカービィみたいに料理をものすごい勢いでかきこんでたから
話す余裕はお互いになかったか。

そして食べ終わった後の片付けでは
かろうじて自分の食器は洗ったみたいだけど
流し台がご飯粒やらでまだ汚れてるっていうのに
エプロンをたたんでさっさと帰ろうとしてる。
私は流し台を指して「この状態で帰るつもりですか?」と言うと
「これじゃダメですかねぃ?」と。
次に使う人の事を考えたらダメに決まってんでしょ!!
「ちゃんと流し台は綺麗にしてください」
「それと使った布巾は所定の位置に戻してください」
と、怒りを抑えつつ彼女に指示。
最後の最後までコイツは・・・ッ!!

料理教室に通い始めたばかりの人とかならまだ良いんだけどさ、
私よりも長く通ってるような人がこんなんじゃダメでしょ
料理はマトモに作ってくれないし
人をおちょくってるかのような言動を連発。
本当、この人は何しに料理教室に通ってるんだろう。

この人がいる限り、もうこの授業は絶対に通うまいと固く誓いました。

COMMENT



2006-07-15-Sat-03:03
星のカービィのところで吹いた。

世界は不思議だらけですね。首長族よりも珍しい珍種が(; '-')

たいへんな目に・・・

2006-07-15-Sat-20:28
あっちゃってますな(-人-;)ナムナム

まぁ季節の変わり目で暑くなってきたから
そういう人も出てきちゃうんだねぇマッタク・・・。
ほんと、ソイツなんのために通ってるんだか(#゚Д゚)y─┛

でも最後、帰ろうとしてる相手に、ちゃんと片付けるように
きっちり指示出したのはエライ!!

今度いつもの時間に通うときは、
たのしく勉強できるといいですね(´ー`*)

今回は、おつかれさまでしたm(_ _)m

2006-07-15-Sat-21:20
「火、怖~い」でアイスコーヒー吹いた>w<
ボヨ~ンな彼女は食べる事が役割だったのか!!

星のカービィだって料理はするよ(*`・ω・)

れす~

2006-07-18-Tue-12:48
> 片倉さま
素晴らしき珍種に出会えた事を心より神に感謝・・・
するかぁぁぁムキィィィィ!!!

> べり
暑さで脳溶けちゃったのか。そりゃ仕方ない( ;´_ゝ`)
最後はもうブチ切れててホントに我慢できなかったんだよ。
きっと向こうは「こいつウゼェな」とか思ってそう。

> Runaさま
食べる為だけに料理教室通ってんのかΣ(゚□゚;)
カービィは可愛いしちゃんとやる事はやるヤツだからね!
彼女とはエライ違いだぉ!>w<

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。